フッ素系離型剤で製造の安全も確保できる!その役割とは?

刷毛

性能もユーザビリティも高いフッ素系離型剤がおすすめ

スマートフォン

製品の優秀さは、性能だけで決まるものではありません。製品は、それが作られた本来の目的をいかによく果たすことができるかという点と共に、いわゆるユーザビリティ、つまり、それを使用する現場の状況にどれだけ配慮して、使いやすい形になっているかという点も重視すべきでしょう。
この点、離型剤について考えてみるとどうでしょうか。離型剤のそもそもの存在意義は、プラスチック製品などの成形作業において、金型から成形物を綺麗な状態で取り出せるようにすることです。フッ素コーティング剤を成分として含む離型剤は、このポイントにおいて非常に優れた性能を発揮します。
では、ユーザビリティについてはどうでしょうか。離型剤が使われるものの生産現場においては、連続離型によって多くの規格品を一度にまとめて作るのが普通です。その場合、離型剤の効果が劣化して、製品と金型をスッキリと分離するのが難しくなります。ユーザビリティの高い製品というのは、こうした事態に備えて、現場ですぐに対応できるタイプのものです。フッ素系離型剤には、まさにこの要件を満たす製品があります。例えば、刷毛を使って簡単に追加塗布が出来るもの。他にも、スプレー噴射で離型剤を重ね塗りして、離型性能を回復させることが出来るタイプもあります。
性能とユーザビリティの両者を兼ね備えたフッ素系離型剤は、極めて優秀な製品と言えるでしょう。