フッ素系離型剤で製造の安全も確保できる!その役割とは?

刷毛

金型をサポートして製品の成形に寄与する離型剤

半導体

プラスチックやゴム製品は、どれをとっても綺麗な形をしています。もとは単なる液状の素材に過ぎないゴムやプラスチックに、実際の利用目的に合う形を与える仕事を担っているのは、成形過程で使われる金型という型です。しかし、問題は、金型が単体で成形という作業を完遂できるわけではないということです。成形作業を問題なく完了させて、ゴムやプラスチック製品を取り出すためには、もう一つ、離型剤の存在が欠かせません。
型に素材を流し込んで固めているのに、それだけで成形物を完成させられないというのは、ちょっと想像しにくい状況かもしれません。しかし、物には、何でも、多かれ少なかれ、他の物をくっつけるという性質があります。服にこぼした飲み物のシミがつくのも、食事をした時、皿に料理の残りがこびりつくのも、そうした現象の例です。金型も同じで、そのままでは、ゴムやプラスチックがこびりついてしまいます。そこで、離型剤を使うと、このこびりつきを防ぐことができるのです。
こびりつき防止に絶大な威力を発揮するのが、フッ素コーティングの効果を利用したフッ素系離型剤です。くっつかない・焦げ付かないで有名なフッ素コーティングは、こんな場面でも活躍しているのです。