フッ素系離型剤で製造の安全も確保できる!その役割とは?

刷毛

ゴム製品を完璧に成型するには優秀な離型剤が必要です

ゴムチューブは、一見したところ、とても単純な作りの製品に見えます。しかし、これを正確に作るのは、実はそれほど簡単ではありません。単なるゴム製のスティックであれば、棒状の金型にゴムの素材を流し込み固めるだけで済みますが、チューブとなると、その中に均一の径の空洞を作らなければなりません。ゴムチューブが、期待される役割を果たすためには、内腔はずっと同じ広さでなければならず、途中で狭くなったり広くなったりしないよう、正確な成形が必要です。
この難しい成形を成功させるのに一役買っているのが、フッ素系の離型剤です。ゴム製品の成形に使われる金型は、それ自体は、表面にゴム素材を付着させる性質を持っています。そのため、離型剤を塗布していない状態では、流し込まれたゴム素材がこびりついて、成形物をすっきりと取り外すことができません。しかし、金型表面にフッ素系離型剤を塗布すると、フッ素コーティングされたフライパンのように、そこには何物も付着しなくなります。これによって、成形物のゴムチューブを、変形させたり破損させたりせずに、簡単に取り出すことが出来るようになります。
一見単純な作りに見えて、その実、繊細な形状のゴムチューブ。完璧な成型のためには、優秀なフッ素系離型剤を使うのが最適です。

連続離型に向いているフッ素系離型剤がおすすめ!その効果は?

プラスチックなどの素材から作る製品の成形プロセスで使う離型剤という薬剤があります。離型剤の役割は、例えば、型取りをしてお菓子を作る際に、型から生地が抜けやすくするために塗るバターに似ています。離型剤を金型に塗ることで、バターを塗ったお菓子の抜型同様、型のすべりが良くなって、成形物を綺麗に取り出しやすくなるのです。
しかし、お菓子作りでも、何度も型抜きを繰り返しているうちに、段々生地が型にくっついて、綺麗に型抜きが出来なくなってきます。これは、作業を繰り返しているうちに、型の内側に塗ったバターが生地に移って、すべりを良くする効果が薄れてくるためです。離型剤も同様で、特にワックス系は、成形物に転移する量が多いという難点があります。この点、フッ素系離型剤だと、事情は全く変わってきます。フッ素コーティング剤を主成分とするフッ素系離型剤は、成形物に付着しないため、金型に塗布した離型剤の効果がなかなか薄れません。つまり、その分、数多くの連続離型をこなすことが可能です。
同じ量の離型剤を使うのであれば、フッ素系離型剤を利用する方が、より多くの成形作業をこなすことが出来るので、ワックス系よりも経済的と言えるでしょう。

安全に作れる!正確な成形のために必要不可欠な高性能の離型剤

プラスチックにせよ、ゴムにせよ、製品を作るためにも、また、製品の部品を作るのにも利用される非常に便利な素材です。製品化するのに使われる場合は勿論ですが、部品として使うために成形される場合は特に、設計から寸分の狂いもないサイズ、そして形状に仕上げる必要があります。そうでなければ、他の部品と上手く組み合わせて使うことが出来ず、製品が予定された機能を果たすことが出来なくなるからです。
正確な成形という目的を果たすためには、金型の精密さや使用する原材料の量など、調整すべき点が多々ありますが、優れた効果を発揮する最適な離型剤を選ぶことも重要です。成形物の寸法にわずかな狂いも生じないように成形・離型するためには、極薄の塗膜で強力な離型効果を示すフッ素コーティング剤使用の離型剤が最も確実でしょう。
フッ素系の離型剤は、更に、離型の際に成形物に付着しないというメリットもあります。このお陰で、金型から成形物を取り出した後、それを洗って離型剤を落とすという手間がない分、そのステップで成形物を破損するリスクも丸ごと回避することが出来ます。
サイズ、形状ともに極めて正確な成形が可能で、成形物破損リスクも最小限に抑えることができるフッ素系離型剤、是非利用してみてはいかがでしょうか。

ゴム製品などを成型するために離型剤が必要なら「フロロテクノロジー」がいいですよ!気になる方は一度サンプル請求してみましょう!